社会経験を積むチャンス!大学生だからこそ体験したいアルバイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生生活に支障がないように!

本末転倒しないように!

「アルバイトが忙しすぎて試験勉強する暇がない」「授業に出られない」とか、または、「連日深夜のアルバイトをしていて、昼間の講義がきいていられない」などということになったら、本末転倒になってしまいます。

実際、アルバイトに熱が入ると、このような事態におちいることは意外と多いのです。お金が稼げるという面白さに加えて、「職場の上司に熱心に頼まれて、イヤとは言えなくて」「他に人がいなくて」、などというようにして、ずるずると本業の大学の方がおろそかになってしまうのです。アルバイトとはいえ、責任ある仕事なので、時には無理をしなくてはいけないこともあります。

でも、「学業優先」を忘れないようにしましょう。もしも留年してしまったら、学費と生活費などでバイト代の何倍ものお金が出て行ってしまいます。

大学生に理解のある職場を見つけよう

学生の立場に理解を示してくれるようなアルバイト先なら長期でも安心して続けられます。前述したような、「大学生歓迎」のアルバイト先なら大学生が多く、働きやすいでしょう。それ以外でも、「交代要員になるアルバイトの人数が多い職場」「上司が配慮してくれる職場」なら大丈夫です。

また、授業や勉強時間に支障が出る場合の他、忙しくなりすぎて睡眠不足など健康を害する状態も長期に続けないこと。このような傾向があったら、きちんと事情を話して改善してもらうか、きっぱりと辞めて、違うアルバイトを探しましょう。